Joy & Beyond Flyer

Emma Artist Photo EMMA:
1985年よりDJを始め、東京各所のナイトクラブで数々のパーティーを成功させる。1994年に「GOLD」と契約。クローズするまでレジデンスとして活躍、そのアグレッシブなプレイによって土曜日をまとめあげ、東京中の遊び人(ナイトリスト)たちに決定的な存在感を知らしめた。1995年にはDJプレイに留まらず音楽制作を開始。川内タロウと共に「MALAWI ROCKS」を結成する。同年NIGHTGROOVEより発売された12inchシングル"Music Is My Flower"が世界的ヒットを果たす。同じく1995年から発売され、日本を代表するMIX CDとなった「EMMA HOUSE」は、24bitマスタリングというMIX CDの枠を超えた徹底的な音作りとダンスフロアの雰囲気を閉じ込めた作品として好セールスを記録。2014年新たな活動を始めたNITELIST MUSICから、日本発のACID HOUSE "ACID CITY"を発売。HEARTBEATから2年連続リリースとなったMIX CD "MIXED BY DJ EMMA vol.2"と共にダブルリリースツアーを全国15ヶ所で行う。常にダンスフロアとHOUSE MUSICを中心に新しい音楽を最高の技術でプレイし続けるスタイルはKING OF HOUSEと呼ばれる。
2016年には活動30周年を記念したEMMA HOUSE XX ~30th Anniversary~ をユニバーサルミュージックよりリリース。
2017年、プロデュースユニットNUDE名義でNO PICTURE(ON MY PHONE) feat.ZEEBRAをリリースし、さらには最新作ACID CITY3を10月にリリースするなど、DJ及びプロデューサーとして精力的に活躍中。

HP: http://www.nitelistmusic.com/
facebook: https://www.facebook.com/pages/DJ-EMMA/132286593494703

宇宙文明 Artist Photo 宇宙文明 (UCHUBUNMEI):
北海道・札幌をベースに活動する、インストゥルメンタル・スペースロックバンド。2011年結成。重厚なベースリフと疾走するドラムにサイケデリックギターとスペースシンセが浮遊するスーパー宇宙旅行サウンドで、ライブ活動を行う。PRECIOUS HALL主催のBigFun(2014)、JOY&BEYOND(2015)にも出演。その他、関東のRe:birth Festival(2014)や熊本のSpace Gathering(2016)など、道内外でもライブを展開。これまで3枚のフルアルバムをCDと配信でリリースしている。
Keisuke Uemura (Guitar,Synthesizers)
Riki Tomita (Bass)
Ayako Tomita (Drums,Electric Drums)
www.monolithmusic.net

12/3 Sun

JOY & BEYOND

@札幌芸術の森アートホール

MUSIC BY:
KIM LIGHTFOOT
EMMA
KUNIYUKI TAKAHASHI
宇宙文明
&more...

※詳しくは、後日発行されるフライヤー、及びホームページをご確認ください。

Kim Lightfoot  Artist Photo KIM LIGHTFOOT:
DJ KIM LIGHTFOOT、ブルックリン出身の “いぶし銀” という言葉が似合う “本物” のDJだ。 時代や流行に流されず常にブラックネス溢れる本物のグルーブを感じさせてくれる彼は、とりわけダンサー達からの支持が非常に高い。 それは、常にダンスフロアーから離れさせなくなる彼のDJスタイルにその秘密が隠されている。 幼少の頃からディスコやソウル・ミュージック、ブレイクビーツに夢中になり、 その後LOFT やPARADISE GARAGE等のクラブでLARRY LEVANやDAVID MANCUSOのプレイするシリアス・ダンス・ミュージックに影響を受けDJを開始。 90年代前半に絶大な人気を誇った伝説のパーティー “AFTER LIFE” にて、盟友KALIM SHABAZZと共にレジデントDJとして活躍。 当時、彼はここ日本においても評判になるの程の人気DJとなる。 その後UNDERGROUND NETWARKのFUNK HUTでレジデントとしてプレイ、またTHE SHELTER、BODY&SOUL、CAVIAR等でもゲストDJとして度々プレイしている。 RON TRENTとも親交があり、共にTONY ALLEN(AFRO BEATの帝王FELA KUTIのバンドAFRIKA 70のオリジナル・ドラマーで、 AFRO BEATの発明、進化の過程でFELAに絶大な影響を与えたアーティスト。)のREMIXも手がけている。 TIMMY REGISFORD やDANNY KRIVIT、NICK JONES、ANDRE COLLINS等の名だたるDJ達からも絶対の信頼を得ている正にDJ’S DJだ。 70年代から現在まで続くNYのダンス・ミュージックの奥深さを知りたければKIMのDJは絶対に外せない。 この男の漆黒のグルーブはTIMMYやNICKとも違う独特の世界に誘ってくれるだろう。
https://soundcloud.com/kim-lightfoot
https://www.mixcloud.com/discover/kim-lightfoot/

Kuniyuki  Artist Photo KUNIYUKI TAKAHASHI:
札幌を拠点に活動するKuniyuki Takahashi。彼の音楽は、国境を問わず常に独特の世界観を持ち、世界各国のプロデューサー、DJから高い評価を得ている。Joe Claussell主宰[Natural Resource]から自身のホームタウンであり、札幌のクラブをトリビュートした曲「Precious Hall」をリリース、4HeroのDegoの2000Blackのコンピ参加、Ananda Projectの名曲「Cascades of Colour」のリミックス・リリースや、[Mule Musiq]よりシングル「Earth Beats」をリリースし、各DJから圧倒的な支持を得た。2006年よりファーストアルバム「We are Together」から現在まで数々のアルバムをリリースし、2012年のアルバム「Feather World」でも過去のアルバムでも参加したジャズシーンでは素晴らしいの世界観を持つジャズピアニストの板橋文夫や盟友Henrik Schwarzも参加し、新境地へと進んだ。近年はDJ NatureやVakulaなどの海外アーティストとの共作や、DJ EMMAのプロジェクト"ACID CITY"シリーズのコンピレーションに収録されてる「Acid Air」はDJ Hervey、Gilles Peterson等もプレイする。2017年Newwave Projectによる新しいアルバムをリリースし、近年はヨーロッパ、南アフリカ、ブラジル、メキシコ、カナダ等含め国内外でのliveも精力的に行い、即興性とダンスミュージックを融合した独自のスタイルでliveを行う。